「ほっ」と。キャンペーン
<< 8月のまったりした午後 8月11日 おもちゃ >>

第11回 世界バレエフェスティバル 全幕特別プロ「ジゼル」



第11回 世界バレエフェスティバル 全幕特別プログラムとして、上演された 「 ジゼル 」
大阪のフェスティバルホールへ、観に行ってきました。

d0078080_1901482.jpg



世界一の貴公子、ウラジーミル・マラーホフと、今、もっとも輝いている世界のプリマ、ディアナ・ヴィシニョーワとの 「ジゼル」 とても素敵でした。

ヴィシニョーワのジゼルは、とてもかわいく、はかなく美しかったです。
特に第2幕、亡くなってウィリになったジゼルは、空気のように透明感がありとても美しかったです。マラーホフのアルブレヒトも優美な風格でとても素敵でした。
ジゼルは、大好きな作品で何度も観たことがあるのですが、どうして偽りの愛でジゼルを騙したアルブレヒトを救うのか、なんとなく納得いかなかったのですが・・・

今回は、アルブレヒトが白百合の花を抱えてジゼルの墓にやってきて、悔恨の情に苛まれるアルブレヒトの姿に、今は偽らぬ愛を見たジゼルが、ウィリたちから救おうとするストーリーが、そのまま素直に受け入れられました。
アルブレヒトのジゼルへの偽らぬ愛がとても伝わってきて感動いたしました。

二人で踊るパ・ド・ドゥは、とても美しく、最高にすばらしかったです。


会場の拍手は、いつまでも鳴り止まず、皆、席を立って賞賛の嵐になりました。
[PR]
by ange-vfa | 2006-08-20 17:22 | ballet
<< 8月のまったりした午後 8月11日 おもちゃ >>