<< いつもの公園です~♪ 1月25日 フランソワーズ 家... >>

2007.1.30 ヴィクトリア 6回目の月命日


2004.1.25
フランソワーズが家の子になった日のヴィクトリアです~♪
次の日で9歳と6ヶ月になります~♪

d0078080_16392737.jpg

フランソワーズが遊んでいるのを見ています~♪
ヴィクトリアは何かを感じているようです~♪




d0078080_1657583.jpg

2004.1.26
9歳と6ヶ月になったヴィクトリア~♪
フランソワーズはお留守番で、ママとふたりでお散歩行きました~♪

妹が来て2日目~お水を飲んでいるとフランソワーズが来るのですが先に飲ませてあげてます。ご飯を食べられても怒りません。 
優しいね~ヴィクトリア~♪


d0078080_1731125.jpg

2004.1.27
3日目になると、大接近~♪
フランソワーズは、朝から大はしゃぎ~♪
というか~大暴れ~♪

ヴィクトリアに乗ったり、ジャンプしてお耳噛んだり
カーテン引っ張ったり、スリッパ、鞄、椅子などカミカミ~♪
やりたい放題です~♪

けれど、ヴィクトリアは、されるがまま~♪
我慢しているのが分かりました。
フランソワーズがメッメ子した時はカプしてもいいのよ。
と言ってあげると~優しく「カプ」してました~♪


d0078080_17124065.jpg



2004.1.27
この日は、お水もおやつもふたりで一緒に食べました~♪
そして初めてふたりで1つのベットに寝んねしました~♪
一度寝てしまうと、もう平気~♪ 
眠たくなると何度もふたりで寝んねしてました~♪


d0078080_17125811.jpg

2004.1.27
お転婆娘のフランソワーズと一緒に~♪
けれど、ヴィクトリアはフランソワーズが可愛いようです~♪



d0078080_1721889.jpg

2004.1.28
4日目になるとフランソワーズの方からべったりです~♪



2003年は、ヴィクトリアが癲癇発作の重積や、お熱で何度も入院した年でした。
ヴィクトリアは、元気がなく食欲も落ちておりました。
ぐったりしていて、何に対しても無気力。
もう長くはないかも~と思うぐらい元気がありませんでした。
周りの人たちも皆、そう思っていたようです。
もう一度ワンコらしく普通の生活をさせてあげたい~♪
私たち人間が、いくら大事にしても限界があります。
荒療治になるかもしれないけれど、子犬に賭けてみよう~♪
奇跡を起こして欲しい~♪
そういう願いから、フランソワーズは我が家へやってきました~♪

そして、期待どうり~いいえ、それ以上に~ヴィクトリアに奇跡を与えてくれました。

一日中ぐったり寝ていたヴィクトリアですが
フランソワーズと一緒に起きてついて来るようになりました。

ご飯を食べるのに1時間かかっていたのが30分で食べれるようになり
1ヶ月もしないうちに10分かからなくなりました。
これは、フランソワーズに取られないよう、一生懸命食べていたような気もします~♪
そして、ごはんの準備をしているだけで、お目めキラキラでついて来るようになりました。

お散歩も、ふらふら、とろとろで、3歩歩くとコテッと倒れそうになっていたのが
フランソワーズと一緒に行くようになってから
徐々にですが、ほとんど同じ速度で歩けるようになりました。

そして気が向くと、フランソワーズに誘われ走れるようになりました。
実はフランソワーズにお尻をカプとされ怒って追いかけたのが始まりです~♪(笑
後、ハーネスやお洋服を引っ張られ一緒に走らされてる時もありました~♪

そして癲癇発作は続いておりましたが。。
この年から癲癇発作の重積を一度も起こさなくなりました。
お熱も出さなくなりました。入院もゼロとなりました。

何よりも、ヴィクトリアのお目めがキラキラ輝いて
楽しそうに毎日を過ごしているのがとても嬉しかったです。
仔犬の力~フランソワーズの偉大さに改めて感動した我が家でした。
[PR]
by ange-vfa | 2007-02-05 16:52 | ヴィクトリア
<< いつもの公園です~♪ 1月25日 フランソワーズ 家... >>